院長コラム

第7回:最近の山歩き

Photo01前回の雨龍沼・蔵王に続き、雨竜沼とほぼ同じメンバーで9月4日、北大雪の平山に登ってきました。ニセイカウシュッペ山と隣り合った位置にあり、層雲峡をはさんで黒岳をはじめとして表大雪の山々を正面に望む山ですが、白滝側が登山口であまり知られていずとても静かで穴場的な山です。登山道は北向きが多いので、9月だというのに沢沿いにエゾノリュウキンカ(ヤチブキ)の花が咲いていたかと思うとコガネギク(ミヤマアキノキリンソウ)があり、頂上付近でウラシマツツジの紅葉が真っ赤で、他にはミヤマサワアザミ、エゾヒメクワガタ、トリカブト、ミヤマキンバイ、羽毛状のチングルマの実、サンカヨウ・コケモモの実など春から秋の花がいろいろみられました。ヤマイグチ、ハツタケの仲間などのキノコもみられ、岩場にはナキウサギが生息していてピーッという鳴き声が終始聞こえました。(今回も姿は見えませんでしたが。)これで4−5回目になりますが、いつのまにか自分のお気に入りの山になっていたようです。

このページのトップへ戻る休憩室のもくじへ戻る