院長コラム

第9回:(1)今年の山登り

Photo01
(富良野岳山頂)

近況を書こうと思っているうちにもう12月になってしまいました。

5月の連休に、旭岳に春スキーに行ったのは前回書きました。

7月9日には、富良野岳に行ってきました。ちょうど高山植物が真っ盛りで、大雪山と違って大きなお花畑ではないけれど、山頂近くに多くの種類の花がそれぞれ自分を主張するかのように咲き誇っていて、本当に綺麗で癒されました。

9月24日には、山登りではないけれど、美瑛にキノコとりに行ってきて、ラクヨウキノコを袋に2つくらいの収穫でした。味噌汁や大根おろしとあえておいしく食べました。

あ、その前に毎年恒例となった東北旅行がありました。今回は、岩手・宮城・秋田3県の県境にある栗駒山が目的でした。実は、10年近く前に家族で一度登ったことがありましたが、とてもいい山だしもう一度、と言う事で行ってみました。しかし、今回はメンバーの足の不調で登頂は断念しました。気仙沼にフカひれを食べに行こう、という話になって食べてきましたが、こちらはあまり大したことはありませんでした。

10月1日には、納め会のようにして大滝村の徳舜別山に登ってきました。初めて行きましたが、洞爺湖や太平洋まで見えてなかなかいい山でした。紅葉も目的でしたが、今年は時期がもっと遅かったようで、一部紅くなってきているかな、という程度でした。

(2)近況

おかげさまで今年の11月で開院して丸2年が経ちました。短かったというよりは、僕にとって新たな患者さん達との出会いは非常に密度も濃くて、むしろ本当に長かったように感じています。最近では、往診・訪問診療と消化管検査も増えてきて昼休みもとれない日も多くなってきましたが、こんな自分でも待ってくれているんだ、と思うと頑張り甲斐もあります。

この先何年になるか分かりませんが、身体の続く限り頑張っていこうと思います。

では、皆さん良いお年をお迎えください。

このページのトップへ戻る休憩室のもくじへ戻る